逓増定期

逓増定期
逓増定期とは、契約時の保険金額が、年を経るごとに一定金額まで増加していく保険の事を言う。

保険料は平準化が図られているので、加入初期は平準定期保険より割高となってしまうが、保険期間の終了間際には割安となるシステム。

また、責任準備金が積み立てられる形になるため貯蓄性も有する。会社の社長や経営者が利用する事もあるようです。個人では、あまりなじみがないかもしれませんが。

主に法人や経営者向けの保険商品として、逓増定期保険というものがあります。この保険には、契約後一定の期間が経過すると徐々に保険金額が増加していくという特徴があります。

その代わりに満期保険金のない掛け捨て型の保険になっていますが、契約期間の中途で解約した場合、他の保険商品と比べるときわめて高い返戻率となるため、従業員の退職金のための準備資金として逓増定期保険で運用しているケースが多く見られます。

また、逓増定期保険のために支払った保険料の約半分が損金として認められるので、これを利用して法人税の節税に努めている企業も多くあります。